2008年07月26日

交通事故に、ご注意を

エジプトから

 エジプトでは今月、列車と自動車の衝突が二回続けて発生した。トラックが、踏切前で停車中のバスや乗用車に激突、五台の自動車が線路上に押し出され、旅客列車が衝突、四十人が死亡した。列車とマイクロバスが衝突、三人が死亡する事故も起きた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 現地の新聞で四月からの外国人が巻き込まれた事件を見ると、強盗など凶悪な犯罪は、金持ちの代名詞サウジアラビア人三人が、エジプト人若者にナイフで脅され、携帯電話や現金を奪われたという事件だけ。だが、外国人が被害に遭う交通事故が意外に多い。

 四月三日、シナイ山のあるセントカトリーナからリゾート地ダハブに向かう途中、観光バスが転落、運転手が死亡、ドイツ人ら観光客十五人が負傷した。

 四月十日には、ハルガダからルクソールに向かう途中のケナで、観光客を乗せた車が横転し、フランス人二人が負傷した。五月二日には、シナイ半島のリゾート地シャルムエルシェイクから首都カイロに向かっていた観光バスが横転し炎上、九人の観光客が死亡した。負傷者は二十八人。

 五月二十三日には、アレクサンドリア西部で、観光バスがカーブを曲がろうとして対向車線に飛び出し、トラックと衝突、七人が死亡、二十人が負傷した。

 幸いこの期間、邦人の被害は報告されていないものの、エジプトへの旅行者が最も注意すべきは、強盗などよりも交通事故のようだ。その他、ナイル川遊覧の水難事故も時々発生するので要注意。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51111672
この記事へのコメント
本当に事故が多いですね。先日もバスが横転し、8人ぐらい死亡しました。
タイヤの空気圧が十分でなかったそうですが、乗客は、運転手が居眠りしていた、事故の後、タイヤに穴をあけるエジプト人を見たそうです。いつもどおり、真相はわからず。交通事故は気をつけようがないですね。
Posted by かもめ at 2008年12月25日 18:49