2008年07月31日

パスポート盗難

インドから

 南アジアの経済活力の一端を示すかのように、九段のインド大使館が赤坂に移転し、パキスタン大使館は南麻布に移転した。とりわけパキスタン大使館のメタリックな造りの新築ビルは昔を知る者にとっては、驚きの一言に尽きる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 インド大使館も閑静な靖国神社脇からビジネス街の赤坂に拠点を移した。ただインド大使館はこの移転を機に、これまで大使館で受け付けていたビザ申請業務を外部委託するようになった。

 そのインドビザ申請代行業を大使館から唯一委任されている大塚で、事件が起きた。七月二十八日午前十一時、インドのビザを取得するため申請者がごったがえす中、女学生三人組が騒ぎ始めた。ビザ申請書を書くため、台に向かっているうちに一人のパスポートがなくなったのだ。

 警備担当者も出て来て探したりしたが、やはりない。隙を見て、誰かが抜き取ったとしか考えられない。仕方なく、三人は駅前の交番に出掛け、盗難届けを出した。パスポートを再発行するために必要な手順だからだ。

 女学生には少し酷かもしれないが、インドでパスポートを取られないでよかったともいえる。海外旅行で怖いのは金と健康、それにパスポートのPKKをなくすことだ。それこそにっちもさっちもいかなくなり多くの人に迷惑を掛ける。三人にとっては、すでに大塚で「スキあればカモられる」インド旅行は始まっていた。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51114363