2008年09月05日

日韓結ぶリクルート

韓国から

 日本の大手重工業メーカーが韓国の主要大学で就職説明会を開き、こちらで話題になっている。これまで日本に留学した韓国人が日本企業に採用されるケースはあっても、日本企業が直々に韓国を訪れ、直接リクルートするというのは前例がないそうだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 会社の方針はグローバル人材の確保。海外の開拓先を模索したところ、韓国が第一候補に挙がったという。地理的な近さや教育水準、特に英語など語学レベルの高さ、それに就職難という事情を抱えていることが決め手になった。準備はわずか二、三週間だったそうで、いかに隣国とはいえ、フットワークの軽さには驚かされる。

 韓国企業に交じって設けられたブースに行ってみた。日本語ができないが大丈夫か、なぜ韓国の学生を採るのか――。通訳を介してのやりとりだが、学生たちの反応は悪くない。ある女子学生に「採用されたら日本に行くか」と尋ねると、即座に「もちろん」。「独島(竹島の韓国名)問題ですか? 韓国人として主張すべきはしますが、それと就職とは別です」とキッパリ言い切る男子学生もいた。

 大講堂での説明会も立ち見が出るほどの盛況ぶりで、プレゼンテーションは新世代に合わせてジョークも飛ばし、“未知の世界”だった日本企業に親近感を覚えた学生も少なくなかったことだろう。

 「これは日韓友好のモデルケースになりますよ」と、大学側の就職担当責任者がアピールしていたが、こういう交流も多いのだ、と改めて思わされた。とかく日韓関係を悪化させがちな政治家やマスコミにとって見習うべきところが大である。自戒も込めて。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 08:33│Comments(2)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by K   2008年09月05日 11:29
5 法則発動
2. Posted by karu   2008年09月06日 17:00
合理的、現実主義者なのに、センチメンタルで、民族主義的。仕事で日本に来ても、日本社会がどう受け入れるかで、日本人観がよくなったり、最悪になったりでしょうけれど。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ