2008年09月23日

ケルン市がモスク建設承認

ドイツから

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産にも登録されたケルン大聖堂で有名な独ケルン市の議会が、トルコ・イスラム教同盟(Ditib)が計画中のモスク(イスラム教礼拝所)建設案を賛成多数で承認した。二千人収容可能なモスクは、高さ三十メートル、二本のミナレット(高さ五十六メートル)が建設される。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 バチカン放送によると、モスク建設案を支持した政党は、社会民主党(SPD)、「90年連合・緑の党」、自由民主党(FDP)、左派党だ。それに対し、キリスト教民主同盟(CDU)と選挙同盟「プロ・ケルン」が反対した。

 Ditibのアルスラン議長は「モスク建設の承認は平和的共存のシンボルだ」と述べ、「新モスクは出会いと対話の場所となるだろう」と歓迎している。Ditibによれば、旧モスクの解体は今月始められる予定だ。

 キリスト教会関係者や政治家の一部からは依然、強い反対がある。争点は五十六メートルの高さを誇るミナレットだ。イスラム教信者は毎日五回、神に祈りをささげる。

 ミナレット最上部に設置した拡声器で礼拝時間の到来を告げる。遠い場所に住む信者にも届くように、通常、非常に高いミナレットが建設される。

 キリスト教団体は「ケルン市はキリスト教文化社会だ。その都市に教会より高いミナレットが建設されれば、市の景観ばかりか雰囲気も変わってしまう」と主張し、「市議会の決定はキリスト者の宗教感情を無視したものだ」と批判している。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 08:34│Comments(4)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by M   2008年09月24日 21:50
モスク建設だけなら宗教の自由上問題ないと思いますが、問題は、礼拝の時間を告げる大きな拡声器からの人間の声だと思います。昼はまだしも、早朝4時ごろから、やりだすのですから、必ず音声公害の苦情が出ると思います。イスラム教徒は、自分達の信仰だけを考えて、人の迷惑を考えない、無神経なところが大いにあります。イスラム教が、他宗教を思いやる大人にならないと、問題を起こす可能性が大きいと思われます。その独善的思考がイスラム過激派を産み、無差別テロを生んでいるのでは。私は日頃から、イスラム教内部からイスラム教に対する宗教改革が起こらなければ、この独善的体質は直らないのでは、と考えています。
2. Posted by karu   2008年09月25日 22:18
ミナレットから流さなくても、インターネットで礼拝の時間はわかりますのにね。
3. Posted by M   2008年09月28日 17:02
Karuさんの言われるとおり、いろんな手段が考えられるはずです。現地の新聞には毎日、礼拝の時間が書いてありますし、テレビやラジオ、携帯電話を通じたサービスも出来ることでしょう。ただイスラムは、吟唱の形を通して神が直接語りかけている感覚を大事にしているようです。
そのことは理解できるし、聞いていて快いものも無きにしも非ずなのですが、詩吟の調子はずれや、音痴の人がカラオケのマイクを手放さず、自分が上手だと勘違いして歌っているのと同様、余りにも聞くに堪えないものがあります。それが鐘の音などではなく、人間の声であることが殊に気になります。それが毎朝4時ごろに、しかもドラ声でがなり立てるのですよ。彼らは、非イスラム教徒にも聞かせて感化しようと考えているのかもしれませんが、全くの勘違いで、かえってイスラム離れを起こさせると思います。無神経で独善的な体質がそのまま現れているのですから。苦情がいろいろ寄せられているのでしょう。政府は何度か、美しい音色の人によるテープを流すことを決定したりするのですが、いつの間にかうやむやになり、同じ状況が続いています。イスラム指導者の頑強な抵抗に遭っているものと思われます。
4. Posted by karu   2008年09月30日 18:41
Matさんのご説明、ありがたいです。ひょっとして、騒音雑音と感じるものが違うのでしょうか。日本人には心地よい虫の声が欧米人にはうるさいように。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ