2008年09月24日

対照的な党大会

米国から

 先日、米民主、共和両党の全国党大会を現地で取材した。初めての経験だったため、あらゆるものが新鮮に映ったが、中でも印象的だったのは、同じ党大会でも両党の雰囲気が見事なほど対照的だったことだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 バラク・オバマ上院議員を大統領候補に正式指名した民主党大会は、一言で言って「派手」。演説の合間にロックバンドの演奏が入るなど、政治集会というより、コンサートやスポーツイベントのような盛り上がり。Tシャツやジーンズなどカジュアルな服装の参加者も多く、とにかくエネルギーに満ちていた。

 特に、最終日のオバマ氏の指名受諾演説を屋外フットボールスタジアムで行い、一般有権者の参加も可能にするなど、「庶民の政党」のイメージを前面に出した。

 これに対し、ジョン・マケイン上院議員を正式指名した共和党大会は、落ち着いた大人の世界といった雰囲気。参加者は皆ドレスアップし、スーツを着ていないと場違いと思われてしまいそうなほど。ステージのセットもシンプルで、熱気も民主党に比べると明らかに負けていた。

 それでも、地味な共和党大会に華々しさを持ち込んだのが、副大統領候補に起用されたサラ・ペイリン・アラスカ州知事だ。辛口のメディアも高い評価を与えたペイリン氏の指名受諾演説が、党大会の空気を明るくしたことは間違いない。

 民主、共和両党のカラーや支持層が大きく異なることは、党大会の雰囲気を見れば一目瞭然である。

(H)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ




トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ