2008年10月04日

物騒な砂漠の秘境

エジプトから

 エジプト南西部のスーダンとリビアの国境付近で砂漠旅行を楽しんでいたドイツ人五人とイタリア人五人、ルーマニア人一人の観光客らが、エジプト人の案内人や運転手ら八人とともに九月十九日、覆面をした武装集団四人により誘拐された。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 当地はいわば砂漠の秘境で、知る人ぞ知る場所。泳いでいる人間や動物、樹木を描いた壁画などが描かれた洞窟などもあり、今は見渡す限りの砂漠ながら、遠い昔、緑の陸地あるいは海岸だったことを示す貴重な遺物が残されている。

 この事件を聞いて、カイロに住む友人で、「砂漠に魅せられた日本人女性」を思い出した。彼女は今どうしているのか連絡が途絶えたが、私は、彼女にバハレイヤ・オアシスを紹介され、近郊にある「白砂漠と黒砂漠」を案内されて、初めて砂漠の魅力を教えてもらったのだ。

 白砂漠に足を踏み入れた瞬間、私は今まで全く予想だにしなかった光景を前にし、感嘆の声を上げたものだ。それは、あたかも、宇宙船に乗って月の表面に降り立ち、月世界を歩いている感覚に襲われたからだ。彼女は砂漠の美しさに魅せられて、お金が貯まると、方々の砂漠に出掛け、その神秘的な魅力を堪能していた。観光ガイド書籍によると、今回事件があった地方は、白砂漠以上に美しく神秘的だという。

 事件はスーダン軍による誘拐犯殺害と逮捕で幕を閉じた(観光客は全員無事に解放)が、一度訪れたいと思っていた奥深くの秘境にまで誘拐犯が出没するとは、ショッキングなことである。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51158200
この記事へのコメント
最近出かけてないんですよね。
そろそろ出かけないと年内大阪から出れなくなってしまいます。

ちょっとエジプトは遠すぎだけど、行きたいですね。
Posted by トーマスクック at 2008年10月04日 15:59
トーマスクック様、大阪からはエジプト航空が直行便を出していますから、12−3時間で着きます。遠すぎと思わず、お出かけ下さい。カイロ近郊ギザの三大ピラミッドやスフィンクス、古代神殿やファラオ(王)達が眠る王家の谷があるルクソールは圧巻です。尚、海が好きであれば、珊瑚と熱帯魚が豊富なシャルムエルシェイクもお勧めです。
Posted by M at 2008年10月09日 14:04