2008年10月09日

古い城での車の展示会

ドイツにて

 八月のある週末に近くの古い城で、今年で三回目となるクラシックカーのレースと展示会が行われた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 私はそれほど車には関心がないが、ほぼ千年の歴史を持つ城には一度行ってみたいと思っていた。しかしこの城は、周りの広大な敷地内に入るのでさえ有料だと聞き、今まで行く機会を逃していた。たまたま日本から来て泊まっていた知人が車好きだったので、一緒に見に行くことにした。入場料は十ユーロ(約千五百円)だった。

 二日間で三万人の人出が見込まれ、臨時駐車場となった近くの空き地はすでにいっぱいで、相当離れた場所に路上駐車して歩かなければならなかった。

 まず驚いたのが、展示されている車ではなく、訪問客の自家用車だ。クラシックカーに乗って来た人は、城の敷地内に駐車することになっており、車種によって場所が指定されている。よく手入れされた、普段街中で見かけると誰もが振り返るような車ばかりが、見渡す限り並んでいた。二日間でなんと四千台以上も集まった。

 展示されている車は、古い映画に登場する、いつもは博物館でしか見られない貴重なものや、オークションで六億円以上の値段をつけた高価なものまであった。

 城の敷地内にある二・八キロのレースコースでは、何十年も前に活躍した八十台もの歴史に残るレーシングカーが、往年のレーサーたちによってよみがえった。今年がフランス・グランプリでの初優勝から百周年に当たるメルセデス・ベンツは、それを記念してオリジナルの一九〇八年型グランプリカーのデモンストレーション走行を行った。

 古い城によくマッチして、まるで昔にタイムスリップしたようだった。

(カズ・独ノイス在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



sekai_no_1 at 13:15│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ