2008年10月24日

“赤い先生”“赤い生徒”

韓国から

 このところ韓国では、全国教職員労働組合(全教組)という教職員団体が槍玉に挙げられている。全教組に加入する先生たちは、北朝鮮にシンパシーを感じたり、反米感情を抱く左派理念で有名だから、その意味ではかつての日教組と共通点があるかもしれない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 先日は、全教組に反対する保護者団体から告発された。国家保安法上の利敵団体に該当するからだということで、あの狂牛病騒ぎの際も、女生徒たちに対し「反米」をスローガンに掲げさせ、ろうそくデモに参加するよう促したとか。日本の知人いわく「“赤い先生”が“赤い生徒”をつくり出している」。与党の提案で、学校ごとに全教組の先生たちの名簿公開を義務付けすることが検討されているのも、この構図にメスを入れるためだ。

 全教組は労働者意識が強いことでも有名だ。「いかに楽して、いかに多く稼ぐか」という労働者根性である。韓国で人気職業の上位に常に教師がランクインするのは、これと大いに関係があるという説もある。子供たちも敏感に感じていて、近年、生徒たちの間では、先生を尊敬する風土がめっきり無くなったという話もよく聞く。思想・信条の自由から言えば、先生たちにも言い分はあるだろうが、十年ぶりに左派から右派に政権交代した韓国では、どう見ても全教組の方が分が悪そうだ。今後は、補助金やら事務所賃貸やら、政府絡みの便宜も一挙に見直される雰囲気だ。

 実用主義やCEO型リーダーシップを標榜して理念離れを印象付けた大統領の誕生で、韓国もついに新しい時代に入るのかなあと思ったものだが、過去の左傾化を寄り戻すには、右傾化作業もやむを得ない(?)。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 09:52│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ