2008年11月21日

壮絶な半生ストーリー

韓国から

 時々ソウルでは、北朝鮮からの脱北者が公の場で自らの体験を証言する。先日も強制収容所に収監されていた女性が、記者会見で赤裸々にその惨状を語った。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 「中国で捕まり、北に強制送還された女性たちは、弟や息子のような年齢の保衛部要員たちの前で素っ裸にさせられ、その状態でスクワットを繰り返しやらされた」

「妊婦のお腹に消毒剤を注射して胎児を死なせたり、体内に隠してあるカネを取り出すため、石鹸水を無理やりに飲ませて下痢をもよおさせた」

 四十代前半の彼女は朝鮮民族、特に北朝鮮人によく見られる丸顔だったが、看護将校出身らしく気丈だ。嫁ぎ先の開城から中国との国境に近い恵山まで直線コースでも四百キロに達する距離を、三歳と五歳の子供の手を引いて逃げたという。

 しかし、二度目に中国に逃れた際、人身売買に引っ掛かり、子供たちも売られていったそうだ。「いまだに子供たちの行方は分からない」と、さすがに声を詰まらせた。その瞬間、会見場もシーンと静まり返った。

 現在、韓国には一万五千人近くの脱北者が定着している。これまで多くの証言がなされたが、まだまだ知られていないことも多い。特に肉親が北に残っていれば、下手なことをしゃべって危害が及ぶことを恐れる、一種の防衛本能が働き、口をつぐんでしまう。

 脱北者一人ひとりの半生のストーリーはあまりにも壮絶で、「わが身」に置き換えてみれば言葉を失う。いずれボートピープルが大挙して日本に押し寄せるともいわれるが、もう北朝鮮には日本海を渡ってくる船すら満足にない。冗談だと言って笑える話ではない。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:01│Comments(2)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 共倒れ   2008年11月21日 13:53
5 本当なら悲惨な話ですが・・
かの方々は息をするように嘘をつくから腹3分目位で聞いとくのがいいんじゃないでしょうか

彼等は偉大な民族なんだそうですから、早く合併して助けてやってほしいものです

空手も醤油も漢字も殆ど全てを発明した世界で1番優れた方々ですから可能でしょう

2. Posted by ららら   2008年11月25日 20:51
彼らは世界有数の優秀な民族。
日本なんていうおかしな国で文句を言いながら不幸な人生を歩むより、
優秀な人の集まりである南北朝鮮で幸せな人生を歩むべきです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ