2008年12月10日

わびしいXマス商戦

米国から

 米国発の金融危機という暗雲が世界を覆っているが、震源地の米国ではもちろん、深刻な不況の風が吹いている。特に落ち込みが激しいのが日本食レストラン。流通業界の友人に話を聞いてみたのだが、鮮魚が主戦力の卸大手でも、日本食ブームで左団扇だったのが、突然、売り上げが目立って落ちてしまったとのこと。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 別の友人と話をしても「給与が10%カットだ」「勤務時間を減らされた」などなど。聞いていると、こっちがつらくなる話ばかり。何か景気のいいと言うか、心がすきっとする出来事はないのかと探してはみるが、テレビを見ても、新聞を開いても、はたまたマンハッタンの街角で取材をしていても、わびしい光景ばかり。救世軍の鐘の音がむなしく響くばかりだ。

 例年なら、デパートや量販店など、大型の店舗には人があふれる。クリスマス商戦真っただ中の今の時期。確かにお店には人があふれているのだが、高い商品には人が集まらない。さらにうなずかされるのは、普段ならシーズンでもさほど客足が多くならない安売り専門の量販店が繁盛していること。どこも台所事情が苦しいのがよく分かる。

 さて、友人のクリスマス・パーティーの買い物に付き合わされた記者。彼がどんなものを買うか、興味深く見ていたのだが、クリスマス用の皿を一セット購入。持ってみたのだが、ずしりと重い。友人は「もらったら、どんな豪勢なものかと思うだろう」とニヤリ。支払った額は十五ドルだった。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ