2009年01月07日

クリスマスの名残

米国から

 新年も明け、ニューヨークも長いホリデー・シーズンを終えた。ラジオからはクリスマスソングが消え、家々の電飾もほぼ片付けられた。心なしか、マンハッタンを歩く人々の足並みも、クリスマスのころよりせわしない。百年来の不景気もあって、ニューヨーカーの心は遠い春を待ち焦がれているようにも受け止められる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 残っているクリスマスの余韻と言えば、カトリックなどキリスト教会の前にあるキリスト生誕の場面を祝うレプリカ。カトリックの友人に聞くと、新年に入ってもしばらくは飾っておくのが習慣なのだそうだ。また、カリカリに葉が枯れたツリーも「クリスマスの残滓」だ。一月後半の園芸ごみ回収日になると、使われたモミの木が一斉に各家の前に出される。

 家の中にもホリデー・シーズンの名残が。記者の家では毎年、クリスマスプレゼントに手作りのクッキーやケーキを添えるのが習慣になっている。いつもは妻が作るのだが、今回は何かとやりたがる下の娘がジンジャーブレッドマン・クッキーを焼くことになった。結果は、三分の一が成功の部類。残りは焦げて黒くなってしまった。

 仕方がないので、妻が焼き直したが、処分できないのが娘のジンジャーブレッドマン。捨てようとすると怒られるし、まずくて食べられないと言えば泣かれる。一部は頭に穴を開けられて、ツリーの飾りとなったものの、大方はボウルの中に眠ったまま。どうしたものやら。いっそ、乾パン代わりに非常食ストックにでもしますか。

(N)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ