2009年01月08日

新・旧暦で祝う「正月」

韓国にて

 韓国は正月と旧正月を祝う世界でも珍しい国の一つだ。本来は旧暦を用いていたため、旧正月を正月として祝っていたが、約百年前に新暦が導入されてから、新暦も祝うようになった。ただ、儒教の歴史が長い韓国では、新暦の正月は風習として根づかず、現在では一月一日の元日のみ公休日である。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ただ、新暦の正月にも新年の挨拶である「セヘ ポク マニバドゥセヨ」をし、正月の料理であるトック(韓国風雑煮)などは食べるが、日本で感じる新年を迎える感慨はあまり感じられない。旧正月にも「セヘ ポク マニバドゥセヨ」と挨拶するので、韓国では二回正月を迎える気分である。十年前までは、一月の一日と二日が公休日でそれなりに正月気分が味わえたが、休みが多いということで二日の公休日がなくなってからは、本当に正月気分がなくなってしまった。

 それでも、わが家では正月の食べ物であるトックを食べてお祝いをした。トックの中身は地方によって少し異なる。韓国でも南の方では、純粋な餅だけ入ったトックだが、北の江原道ではマンドゥ(日本で言う餃子)を入れたトックマンドゥクッを食べる。

 家内は江原道出身なので、正月はいつもトックマンドゥクッを食べている。雑煮に使う餅は、日本のようにもち米を使ったものではなく、うるち米を使ったものなので、消化がよく胃には負担にならない食べ物だ。切り餅にスライスし、一口で食べられるようになっているので、とても食べやすいのが特徴だ。

 韓国では、これらの料理以外に、カルビ蒸し、チャプチェ(春雨や肉、野菜などを炒めたもの)、緑豆チヂミなども、正月の料理として親しまれている。

(志田康彦・京畿道九里市在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:52│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ