2009年02月11日

アーミッシュの住む町

米国から

 先日、米東部ペンシルベニア州ランカスター郡を旅行した。ここは電気や自動車など現代技術を利用せず、独特の質素な生活様式を貫くキリスト教の一派「アーミッシュ」が多く住む地域。彼らの暮らしぶりがどのようなものなのか、一目見てみたかったのである。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 アーミッシュと一般市民の居住地域は完全に隔離されているのかと思っていたが、予想以上に共存が進んでいた。アーミッシュの交通手段である馬車には、ウインカーやブレーキランプが取り付けられ、自動車と同じように一般道を走っている。排ガスを出さないエコな乗り物だが、馬糞をばらまきながら走るため、町中どこに行ってもクサイ。

 アーミッシュの女性や若者の中には、一般の店で働く人もいる。職場でも独特の服装と髪型はそのままなので、ひときわ目立つ。市場の小さなファストフード店でもアーミッシュの人たちが働いていたが、伝統的な生活にこだわる彼らがハンバーガーやホットドッグを作る姿は、何とも不思議な光景だった。

 地元ガイドの話によると、ペンシルベニア州のアーミッシュ人口は約二万九千人で、全米ではオハイオ州に次いで二番目に多い。アーミッシュのコミュニティーは縮小するどころか、逆に大きくなっているという。

 アーミッシュの家庭は出生率が高く、六、七人産むのも珍しくないとか。その子供たちの九割近くが生涯アーミッシュとして生きることを選択するため、人口はどんどん増えているそうだ。

(J)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ