2009年03月12日

交通混乱起こす三輪車

エジプトにて

 最近、エジプト全土で急激に増加し始めた中国製三輪車「トクトク」に対し、遂にエジプト英字紙が「交通混乱の原因」として批判記事を掲載した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 トクトクは、日本で四、五十年前に一世を風靡した三輪車「ミゼット」の中国版とも言えそうな車で、カイロ市内はもちろんだが、田舎では爆発的に増えている。

 高価な乗用車に比較し、安価で小回りが利き、座席数は運転席含めて「五席」もあるから、タクシー代わりにもなる。ことに農村では、細い農道でも走り回れることが人気の原因とみられる。「五席」と書いた理由は、エジプトでは乗車人数制限が実質ないので、詰め込んで乗れるだけ乗っているからだ。家族が鈴なりになって乗り込んでいることもある。

 車両の構造上、危険が多いことから、高速道路や主要道路を走ることは禁じられているが、主要道路に出るまでの道では頻繁に見かけるし、最近はタクシーとして利用されている。料金が異常に安いからだ。「トクトクで十分」という環境圏がエジプトにはある。

 エジプト紙が指摘した「混乱」の一つは、トクトクが増えることで、駐車スペースが圧迫され、道路をさらに狭くさせ、交通の混雑を助長していること。第二は、トクトクを管理する会社が、給料が安くて済む年少者を運転手に雇い、その結果交通事故が増加していること。第三は、少女に対するセクハラの温床になっていること、などだ。

 特に事故や事件は、休日や学校の休暇期間に増加するという。警察は、業者や父兄に、十八歳未満には決して運転させないよう通達を出しているが、便利さや利益の前に、違法な利用が減少する様子は見られない。

(S・カイロ在住)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ