2009年03月19日

大統領への靴投げを牽制

フィリピンから

 フィリピン大統領府の報道官が、米のブッシュ前大統領や中国の温家宝首相への靴投げ事件を受け、「フィリピンは洗練された国で、ブッシュ大統領に起きたような靴投げ事件は起きないだろう」と述べ、メディアに対し靴を投げないよう遠まわしに牽制する一幕があった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 同報道官は「わが国の大統領は女性だ」と強調した上で、靴を投げるような行為は非文明的だと非難した。

 ブッシュ前大統領への「靴投げ事件」の後フィリピン国内でも左派系団体などが、こぞってアロヨ大統領の似顔絵に靴を投げるパフォーマンスをしていた。しかし、フィリピンは基本的にレディーファーストの国。たとえ不人気とはいえ、女性のアロヨ大統領に実際に靴を投げる行為は、一般市民の共感は得られそうにない。

 それでも、あの事件のあと大統領府ではかなり緊張が高まったようだ。その対応策として国際便の機内で配られるような紙製の使い捨てスリッパを記者たちに着用させる計画もあったらしい。これなら仮に投げられても安全というわけだ。この計画が本当かどうかは別として、記録的な支持率の低下が続くアロヨ大統領の権威を守るための危機感が伝わってくる話ではある。

 そのアロヨ大統領はというと、大のメディア嫌いで知られ滅多に記者会見の場に姿を見せない。仮に靴を投げるにしてもその機会は極めて少ないのだ。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:16│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ