2009年03月28日

失業を喜ぶ

ロシアから

 最近、旧友のパーベル君(40)に会った。彼はいつもエネルギッシュで明るい。最近見ないと思ったら、何と「三カ月間」旅行していたという。欧州を回り、その後中南米にも行ったとか。 「危機だというのに、景気がいいねえ。仕事はどうなの」と尋ねる。 

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 するとパーベル君は「ああ、三カ月前に首になったよ。だから旅行できたんだ」と笑った。

 何という明るさ!

 彼は「今回の旅行で貯金は全部なくなった。ボチボチ仕事を探し始めるよ」と再びほほ笑んだ。

 翌日、奥さん、子供と散歩しているローマ君(33)を見掛けた。

 「平日の昼間から散歩なんて優雅だね」と言うと、「そう、最近会社を首になったからね」とニヤリ。「それで良かったんだよ。ここ数年、働き過ぎていた。失業したおかげで、妻や子供といる時間が増えた。逆に感謝しているぐらいさ」と語った。

 「でもお金はどうしているの」と聞くと、「白タクさ」と答えた。「白タク」とは、一般人が自家用車でタクシー業務を行うことである。もちろん、届け出も出さないし、税金も払わない。ソ連崩壊後の混乱期に一般化し、今もその伝統が続いている。ロシア人男性は、「白タク」という最後の手段があるため、失業しても食いっぱぐれる心配をしないのだ。

 危機への耐性ができているロシア人は、「サバイバルするだろう」と思った。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



sekai_no_1 at 08:47│Comments(3)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by karu   2009年03月28日 19:04
なんという精神的強さ。日本も真似したい。年に3万人も自殺者が出る国なんて、幸福な国なのだろうか
2. Posted by ぷしゅう   2009年03月30日 07:40
若いうちの苦労は買ってでもって事ですかねぇ
ぬくぬくと育ってきた我々日本人は弱いですね
3. Posted by イエローリボン   2009年04月02日 15:29
無職になって4日目です。次を探しています。前の仕事のストレスは辞める事により なくなりそうです。部屋を掃除したり 忙しく疲れて なかなか出来なかった事もして過ごしています。明日から また探してみようと思います。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ