2009年06月29日

荒っぽい自動車教習

ロシアから

 19歳でモスクワに留学した筆者は、初めての自動車免許をロシアで取った。教習車がマニュアル車1台しかない自動車学校で、技能3時間、学科1時間で計4日間の教習を受ける。近くの空き地で初めてハンドルを握り、3分後には公道に出るという荒っぽさ。周りにさんざん迷惑を掛けながら何とか走れるようになった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 4日間の教習を終えると、教官は筆者に二つのアドバイスをくれた。「おまえは坂道発進ができない。だから上り坂では止まるな。そしておまえは交通規則がよく分かっていない。だから信号では絶対に先頭に止まるな。2台目以降に止まり、前の車と同じことをしろ」

 数日後に免許試験場に。まずは学科試験。筆者は合格したが、一緒に自動車学校に通った友人は落ちた。付き添いで来ていた自動車学校の教官は、むっとした顔で試験官室に行き、5分ほどして戻ってきた。「合格だ。ちゃんと勉強しろ」

 実技試験は受験者4人が一組で、1人が運転席、残りは後部座席に。最初の受験者は減速もせずに狭い道から交差点に進入し、一同冷や汗をかいた。試験官が口を開いた。「次からは一時停止しろ。合格だ」。ちなみに彼が走行したのは約20メートル。筆者も同じぐらいの距離を直進し、合格をもらった。

 しかし、こんな免許で実際に車を運転するのはかなり怖い。結局、ロシアではその後ハンドルを握らないまま過ぎてしまった。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ



sekai_no_1 at 13:18│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ