2009年08月13日

あるウイグル人の一言

米国から

 在外ウイグル人組織「世界ウイグル会議」の議長で、「ウイグルの母」と呼ばれるラビア・カーディルさんが大忙しだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 先月下旬に来日したが、急遽米議会に呼ばれ、講演をキャンセルして帰国した。中国当局のウイグル人に対する残忍な行為を訴えるため、連日あちこちに飛び回っている。

 昨年、北京五輪の開幕前にワシントンでカーディルさんにインタビューしたことがある。多忙なスケジュールの合間を縫って取材に応じてくれたのだが、ちょっとした問題が起きた。

 この日は運悪く専属の通訳がおらず、代わりの人がカーディルさんのウイグル語を英語に訳してくれたのだが、その英語が非常に分かりにくかったのだ。

 このままではせっかくのインタビューも記事にならない。誰か別のウイグル人にインタビューのテープを聞いてもらい、もう一度翻訳してもらう必要があった。

 そんな時、日本語が流暢なウイグル人がいるとの話を耳にした。すぐさま電話をかけ、協力をお願いしたところ、快く応じてくれた。

 そのウイグル人はカーディルさんの発言を日本語に翻訳してくれた後、こんなことを言った。

 「私はいずれ中国に戻ります。ですから私が今日手伝ったことは誰にも言わないでください。本当に命に関わるんです」

 これまで遠い話のように思えていたウイグル人の悲惨な境遇が、急にリアルに感じられた。この一言は今もはっきり耳に残っている。

(J)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/sekai_no_1/51311197