2009年12月03日

ゴーストタウン

米国から

 不況の煽りで米国の大型ショッピングセンターがゴーストタウン化する所が多くなっている。アンカー(主要)テナントが倒産したり、撤退した後、代わりに入るテナントが見つからない。小テナントも次々に撤退し、空いたままのスペースが増えている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 ロサンゼルス東方のアジア系住民が多いアルハンブラ市のショッピングセンター、アルハンブラ・プレース。中堅の衣服百貨店「マービンズ」がアンカーテナントだったが、今春に倒産。各種テナントの表示もはがされ殺風景な様相を見せる。
 営業を続けているテナントといえば、米銀行とアジア系銀行、靴のディスカウントチェーン、そして台湾系の飲食店だけだ。

 このセンターは通りを隔てた所に大型の映画館コンプレックスがあり、近くには市庁舎もある。しかし、その程度の地の利では長引く不況に勝てなかったようだ。

 モールと呼ばれる大型ショッピングセンターは1950年代から全米で建設が進み、米国のライフスタイルを形作ってきた。近年は、コンドやフィットネスセンター、オフィスを含む複合センターが多くなっている。このアルハンブラ市の隣のモントレーパーク市でもこうした大型複合センターが建設中だ。

 かつての米国のライフスタイルの象徴だったモールでゴーストタウン化する所は今年末までに100に上ると予想されている。

(M)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ