2009年12月14日

過ごしやすい季節到来

フィリピンから

 12月に入りフィリピンにもやっと過ごしやすい季節が到来した。マニラ首都圏でも最低気温は20度を下回り、朝方は扇風機の風に震えるほどの冷え込みだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 この国の真夏に外を歩くのはまさに地獄で、散歩なんて苦行以外の何物でもない。しかし、今くらい涼しくなると近所をちょっと歩いてみようかという気にもなる。壊れた扇風機の修理屋を探すという理由を付けて、近所を散歩することにした。

 庶民が集まる住宅街は、路地が完全に生活空間の一部となっていて、道端で雑談する女性たちや日陰でチェスを楽しむ男性などであふれている。狭い家にたくさんの家族が住んでいるから、風通しのいい外の方が過ごしやすいのだろう。子供たちは学校が終われば路地を走り回って遊び、家の中に入るのは食事と寝る時だけといった感じだ。

 こういう光景を車の中から眺めると、まるでスラム街のようで最初はちょっと怖かったが、実際に歩くと、至って平和で一定の秩序が感じられる。腕にタトゥーを入れた上半身裸のおじさんがいたりするが、目が合うと笑顔であいさつしてきたりと素朴な人が多く、目が合っただけで「ガンを飛ばした」などと、変な言い掛かりを付けてくる自意識過剰な若者もいない。

 これだけ濃密な人間関係の中で、助け合いながら生活している人々だから、悪いことをすればあっという間にそのうわさが広がる。警察が腐っている割に、それなりに治安が保たれているのは、このような昔ながらの近所付き合いがあるからだろう。

 結局、扇風機の修理屋は見つけたものの、扱っているメーカーが違って修理はできなかったが、フィリピンでは貴重な涼しい季節を満喫できた。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:27│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ