2010年02月01日

犯罪目立つ国際空港

マレーシアから

 今月下旬、マレーシアのクアラルンプール国際空港で強盗事件が立て続けに発生した。まず1週間前、中国から同空港に到着した中国人女性ビジネスマンがタクシー偽装車に乗り込み、車は人けのない所で停車、1万7000リンギ(約45万円)相当の金品を強奪された。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 また同日夜、パキスタン籍の両替商が車で同空港を出た後、初めから標的として狙っていた強盗犯3人に追跡され、高速道路のパーキングエリアに追い込まれて停車させられた上、金を出すよう威嚇され、現金約424万円相当を奪われた。

 同空港では2年前、ターミナルビルの出発階で搭乗予定者など大勢が見守る中、銃撃強盗事件が起こっている。6人の武装強盗団は、両替商がキャッシュを詰めたカバンを持って5階のゲート脇を歩いていたところを襲った。

 この襲撃で警備員5人が拳銃で撃たれ重傷を負い、350万ルピー(約1000万円)を強奪された。たまたま現場にいた労働者も足を撃たれ負傷。現場検証した警察は、40発の弾丸を回収し、2丁の自動拳銃が使われたとしている。翌日の各紙のトップニュースで扱われた空港銃撃強盗事件では、銃弾で割れたゲートの窓ガラスが掲載されていた。

 温厚なイスラム教徒が多いマレーシアでは、治安の良さが多くの観光客を引き付けてきた一因だったが、少しずつ社会は変容しているのかもしれない。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:11│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ