2010年05月24日

赤シャツ軍団に二つの顔

タイから

 バンコクを震撼させた治安部隊と反独裁民主統一戦線(UDD)の戦いはひとまず、UDD穏健派の投降という形で決着を見た。問題は逃亡したUDD過激派リーダー率いる黒服軍団のゲリラ活動だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 UDD内部にはパチンコを手にしたスリッパ履きの若者が多く見られた。彼らは火炎瓶などを手に路肩に身を寄せ、花火を鳴らしながら突撃を試み、その都度、治安部隊のゴム弾と実弾攻撃で弾き返され、死者や負傷者を伴いつつ後退していった。

 彼らは引っ掛けていたスリッパを片方なくしたり、投げた火炎瓶が電線にはね返って自分の足元に落ちたりとドタバタ劇は枚挙に暇がなかったが、その多くはTシャツ姿の普通の市井の若者たちだった。

 一方で、UDD内部には黒シャツ軍団が暗躍した経緯がある。これらの“活躍”はユーチューブなどでも見ることができるが、ライフルや手榴弾で武装した武闘派軍団だ。彼らは効率よく動き回り、ビルや電信柱の影から治安部隊を狙撃した。

 3月中旬から約2カ月続いたUDDの反政府デモは5月19日に大きな節目を迎えたが、これからはプロの殺戮集団として腕を鳴らした武闘派が、地方やバンコクでゲリラ化する懸念が残る。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:17│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ