2010年06月03日

高校生がIT界の希望の星に

ロシアから

 「資源だけ大国」との酷評も出る旧「ハイテク大国」ロシアに、希望の星が登場した。17歳の高校生、アンドレイ・テルノフスキー君である。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 毎日「スカイプ」で友人との会話を楽しんでいたが彼は、ある日「同じメンツと話すのも飽きたな〜」「全然知らない人と話がしたい」と考えた。ネットでそういうサービスを検索したが、見つからない。仕方ないので、自分で作ることにした。

 彼は、3日でサイトを作り、「チャット・ルーレット」と名づけた。このサイトを開くと、二つの画面が出てくる。一つは自分、一つは会話する相手。相手は無作為に選ばれるので、自分はどこの国の誰と会話するのか、あらかじめ分からないのである。こうして彼は、「世界中の知らない人と会話する」夢をかなえた。

 しかし、話はこれで終わらない。2009年11月の開設から3カ月後、ABCテレビの「グッド・モーニング・アメリカ」、「ニューヨーク・タイムズ」、「ニューヨーク・マガジン」などが相次いで「チャット・ルーレット」を取り上げ、利用者が急増したのだ。

 当初1日20人ほどだった訪問者は、10年2月にはなんと1日150万人まで増加。「買収」のオファーも入り、提示額は36億円だという。こういう話を聞くと、「ロシアも捨てたもんじゃないな」と思える。

 しかし、心配もある。アンドレイ君は、将来ロシアに残るのだろうか?

 彼は4月、アメリカの投資家に招かれ、訪米を果たした。一方で、ロシア国内では、無名の存在なのだ。グーグルの創業者セルゲイ・ブリンは、ロシア生まれだがアメリカで成功した。このままではアンドレイ君も、ロシアではなく「アメリカIT(情報技術)界の救世主」になるかもしれない。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 09:34│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ