2010年06月14日

家族手当の支給停止

フランスから

 フランスでは当たり前になっている家族手当(子供手当)の受給について、イスラム教徒の男性が複数の妻を持ち、その子供たちに不正に手当が支給されていたとして問題になっている。たまたま妻(正妻?)が、目以外を覆うブルカをかぶって車を運転していたことから、警察の取り調べを受けて発覚した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 話は複雑で、警察に捕まった女性は、イスラム教に改宗したフランス人で、彼女のおかげで、アルジェリア人の夫はフランスに合法的に滞在できるようになったという。それで複数の妻から生まれた12人の子供の家族手当を不当に請求し、受給し続けていたという。

 この家族手当目当ての北アフリカからの移民は、相当前から指摘されていて、過去には家族がアフリカに住んでいるのに、フランス国内に住所を借りて家族手当を受け取るなどの不正行為もあった。今は運営が厳格化され、家族手当の支給の毎年の審査も厳しくなっているが、一夫多妻は大きな抜け道になっていたようだ。

 子供への手当は、家族手当にとどまらない。新学期準備手当や公共交通費の割引、乳児の特別育児手当やベビーシッター費の補助、さらにはバカンス手当まである。

 ただ、政府は、学校をドロップアウトし、非行に走る子供への家族手当の支給を停止する方針を打ち出しており、保護者の義務が強調されている。そのため、家族手当を受給し続けるためには、自分の子供の品行に注意する必要があるが、移民系家庭では育児放棄している家庭も少なくないのが実情だ。

(A)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:50│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ