2010年07月01日

すしの帝国

ロシアから

 モスクワでは、新世紀に入り「日本食ブーム」が到来した。一過性のものかと思いきや、その流れはとどまるところを知らない。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 筆者の家の郵便受けには、「ピザの帝国」という「宅配ピザ屋」のチラシが頻繁に入っていた。ところが最近は、「ピザの帝国」の下に「すしの帝国」という文字が。そして、チラシの半分はピザ、残り半分は「すし」の宣伝になっている。どうやらピザ屋が不況対策で「宅配すし」を始めたらしい。

 日本であれば、売れないピザ屋を畳んで「回転ずし」を始めたりするだろう。しかし、モスクワでは「ピザ屋」が「すし屋」を兼業してもいいのだ。チラシを見ると、いかにも「テキトー」であることが分かる。

 まず、「すし」の名前だが、「日本巻き」「京都巻き」「北海道巻き」「富士巻き」「大阪巻き」「沖縄巻き」。要するに聞いたことのある日本の地名を、並べただけではないのか?

 さらに、「母さん巻き」「家庭巻き」「帝国巻き」「五目巻き」「盆栽巻き」「シェフ特選巻き」「カリフォルニア・ヒットNO1巻き」「アラスカ・ヒット巻き」等々、怪しげなメニューが並んでいる。

 筆者も「怖いもの見たさ」で一度注文してみた。

 「これは『すし』ではない!」と割り切れば、なかなかいける。

 しかし、ロシアの友人から「これは日本史上最高の発明だ!」と絶賛されると、「これを『すし』と呼ぶな!」と妙にムカつくのである。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:04│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ