2010年09月02日

ベーコンチョコ

米国から

 米国の朝食の定番メニューといえば、パンケーキ(ホットケーキ)もその一つだ。付け合わせはスクランブルエッグ、ベーコンまたはソーセージがお決まり。日本人の感覚からするとちぐはぐな感じがするが、実は意外とよくできた組み合わせだったりする。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 シロップがたっぷりかかったパンケーキを口にすると、急に塩気が欲しくなる。だから、しょっぱいベーコンとケチャップをかけたスクランブルエッグをフォークでつつく。口の中に塩気が広がると、今度はまた甘いものが欲しくなる……。

 あとはこの繰り返し。舌を交互に襲う甘味と塩味が味覚を刺激する。付け合わせのベーコンは、お汁粉やぜんざいに添えられる漬け物のような存在と言うべきか。

 最近、友人が「面白いものを見つけた」と言って送ってきてくれたのが、刻んだベーコンが入ったチョコレート。パッケージに書かれた説明によると、開発者の女性パティシエ、カトリーナ・マーコフさんは幼い頃、朝食でシロップのかかったチョコチップ入りパンケーキとベーコンを食べたとき、甘味と塩味の絶妙な組み合わせが「魔法」と思うほどおいしく感じたのだという。その感動を再現したくて、ベーコン入りのチョコを作ることを思い立ったそうだ。

 さて、友人が送ってきてくれたそのベーコンチョコのお味だが、「ただ単にしょっぱいチョコ」というのが率直な感想。マーコフさんには申し訳ないが、「魔法の味」はいまいちよく分からなかった。

(J)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ