2010年09月09日

ラマダン・カリーム

エジプトから

 イスラム教徒のラマダン(断食月)が、今年は真夏の8月11日に始まり、9月9日前後に終了する。この期間、お互いが「ラマダン・カリーム」とあいさつする。「カリーム」とは「気前が良い」との意味だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 この期間は、貧しい人へはもちろん、家族や親戚、友人、知人などに、「気前よく振る舞って」ごちそうし合い、また、神の前にも気前よく、祈りをささげ、コーランを読み、神からの恵みも気前よく頂くという、精神的な意味での豊かさを求める、という意味があるのだという。

 確かに、われら外国人に対しても、懇意になった友人から、イフタール(断食明け後の食事)への招待の声が掛かる。そこでは、牛肉や羊肉、鶏肉の料理などがテーブルに所狭しと並べられ、モロヘイヤのスープや、苦いのや甘いジュース類が配られる。

 ラマダン期間は、昼は水も飲めないので苦しいのだが、夜の解放感は格別で、当人たちはラマダンを楽しみ、ラマダン期間が終わるのを本気で悲しんでいる。一生ラマダンが続けばいいのにと思っているのだから驚きだ。

 イフタールの始まる日没後、道路脇には慈善団体の男女がジュースやヤシの実を持って立ち、無料で配布する。富める人も貧しい人も一緒に断食して心配し合い、人間は皆平等という一体感が醸成される。

 イスラム教の良さの一面に直面する時でもある。ラマダン・カリームそのものだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ