2010年11月18日

あり得ない時間感覚

ロシアから

 先週の水曜日、筆者のところに某高速郵便会社(仮にA社)から電話があった。「あなたあてに郵便が届いています。いつお届けしたらよろしいでしょうか」

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 「明日は午後の4時まで自宅にいますが」と答えると、A社の女性社員はハキハキした声で「では、明日午後3時にお届けさせていただきます!」と言った。ロシアのサービス業もいい感じになってきたじゃないか!ところが、木曜日15時、郵便は来ない。仕事がらみの重要書類なので、受け取らないわけにもいかず、外出予定をキャンセルして待った。その日は、なんと来なかった!

 金曜日、来ない。「月曜日になったら、『書類をまだ受け取っていない』旨日本にメールしよう」と決意した。「ロシアの郵便事情で」と言えば理解してくれるだろう。

 土曜日15時、電話が鳴った。受話器をとると、「A社の者ですが、今からお届けに参りますが」。今回は男性で、配達をしている人からだった。土曜日17時、ついに郵便が届いた。配達人は愛想よく丁寧だ。「この人は、本来なら木曜日の15時に届ける約束だったことを知っているのだろうか」と思う。しかし、既に消耗し、精神的に参っていた筆者は、「スパシーバ・ボリショエ(どうもありがとう)」と笑顔を無理やりつくった。

 ロシアの時間感覚。日本人は、何年住んでも慣れることができない。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:03│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ