2010年12月30日

楽器と音楽で異文化交流

エジプトから

 昨年1月からアラブ歴史研究のため留学し、カイロに滞在する日本人女子大学院生が、アラブ音楽に興味を持ち、かなりの腕前を持つバイオリンで、有名アラブ人歌手の名曲を、音楽学校などで披露したところ、「日本人がアラブ音楽を奏でている」として一躍話題になった。エジプト人にとって、アラブ音楽を演奏する日本人を見ることは全く珍しく、うれしいことなのだ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 鼓に似た形のタブラを音楽学校で習い始めた在エジプト邦人男女がカイロで話題を呼んでいる。この邦人男女は、あるエジプト人女性の演奏を聴いてタブラを習うことを思い立ったというのだが、このエジプト人女性は日本人留学生がアラブ音楽をバイオリンで演奏するのを聞いて、タブラを始めたのだという。

 ところが、女性が太鼓を演奏するということは、エジプトを含むアラブ世界では前代未聞のこと。さらに日本人がアラブの太鼓を演奏することは非常に珍しかったことから、学校中の注目を集め、つい最近開催された発表会には、国営テレビが撮影するまでになった。

 さらに、別のテレビ局が、エジプト人女性奏者と日本人男性奏者にインタビューをするという。

 日本人にとってアラブ人は、石油や天然ガスの輸出元としてのイメージ以外には、イスラムテロなど、どこか得体の知れないうさん臭い印象があるようだが、音楽など芸術を通じた文化交流が、お互いの理解を深め合う契機になっているようだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ