2011年05月02日

沈没組へ朗報

タイから

 タイは日本人旅行者に対し、今月1日から10月末までビザなしでタイに滞在できる期間を現行の30日から3倍の90日に延長する。東日本大震災で急減した日本人観光客のタイ訪問を促す呼び水にしたい意向だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 昨年タイを訪れた日本人は99万人だったが、今年は震災の影響で70万から80万人程度に減る見込みだ。バンコクポストによると日本人旅行者からの外貨収入は、通常の年より150億バーツ(約400億円)から200億バーツ(約540億円)程度下がるとはじき出している。

 タイ国際航空のピヤサワット社長は先月下旬、東日本大震災の影響で日本路線の利用者が大幅に減少し、通常に比べて月間6億バーツ(約16億円)程度の減収になっていることを明らかにした。

 原発事故が発生した日本を敬遠し、訪れるタイ人が激減したことからタイ国際航空は3月末から日本路線を週59便から52便に減らしたものの、客席が半分も埋まっていないのが現状とされる。

 タイとすれば航空運賃の値下げなどでドル箱路線の日本便の復活を図ると同時に、ビザなしで滞在できる期間を大幅に増加させることで日本からの観光客を取り込んでいきたい意向だ。だが、タイの実情からすると、喜ぶのはタイ沈没(外こもり)組ぐらいだ。

 というのも、海外で長期のバカンスを楽しむ生活風土が根差しているのは欧米ぐらいで、日本人観光客のほとんどが3、4日から長くて1週間程度の旅行を楽しんで帰国するからだ。

 ただ2カ月の観光ビザを取得してバンコクのイミグレで1カ月の延長手続きをしている沈没組は、その手間が省けて助かる。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:38│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ