2011年05月23日

最後の切り札

タイから

 タイのアピシット首相が下院を解散し、7月3日の総選挙が決まった。タクシン元首相派のタイ貢献党は、同元首相の実妹インラック氏(43)を比例代表選挙候補名簿の第1位とすることを決め、首相候補者として立てた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 インラック氏は首相候補としてくれたことに謝意を表明するとともに、首相として国民を一つにまとめる用意ができている」と述べた。また同氏は「(首相就任後に反タクシン派に)復讐するつもりはない。だが、過去の間違いは正す必要がある」との考えを明らかにした。

 国外逃亡中のタクシン元首相は、活動拠点としているドバイでインタビューに応え、「タイ貢献党が政権の座に就いたら、同党の支持者は敵を許さなければならない」と述べ、タクシン派が復権しても民主市民連合(PAD)や民主党など反タクシン派への報復はしないとの考えを明らかにしている。どうやら妹は兄から語るべき“公約”の事前講義を受けていたらしい。

 なおタクシン元首相はバンコクの政治集会で逃亡先の海外から電話出演し、「タイで新年を祝うため今年11月ごろに帰国し、薬物一掃キャンペーンの第2弾を宣言する」と述べた。選挙に強いタクシン元首相は、議員定数の過半数を取り、第2党以下に牽制カードを与えない腹積もりだ。アンケート調査でもクーデター以後4年以上、冷や飯を食わされている身にしては結構高い支持率をキープしている。

 国立コンケン大学の世論調査によると、東北部では有権者の6割以上がタクシン派に投票する」との結果が出ている。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:18│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ