2011年06月09日

進化を続けるラスベガス

米国から

 「彼らは全部をつくってしまった」――興奮気味にヨーロッパから来たらしい家族連れの観光客が呟いた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 賭博の町として世界的に有名なラスベガスでも、最も人気のあるホテルの一つ、ベラージオ。イタリアのコモ湖をイメージした巨大な池で音楽に合わせて大小の噴水が舞い踊る野外ショーをたくさんの群衆が見守る。ラスベガスの無料アトラクションの一つだ。

 噴水の向こう側には、パリのエッフェル塔と凱旋門のあるパリス・ホテルが見える。実物そっくりの建造物群だ。
 近くには、自由の女神やエンパイ
アステート・ビル、ブルックリンブリッジを配したニューヨーク・ニューヨーク、エジプトのスフィンクスの背後にピラミッドがあるルクソール・ホテル、ベニスのゴンドラが浮かぶ運河やサン・マルコ広場がホテル内にあるベネチアンなどが人目を引く。

 ラスベガスは進化し続けている。第2次世界大戦直後の1946年にベンジャミン・シーゲルがフラミンゴ・ホテルを建設してカジノで収益を上げると、マフィアが次々にホテルを建設するようになった。

 80年代末から90年代にはマフィアの影響が薄れ、家族向けアトラクションやショーに重点を置いた巨大ホテルのブームが到来。中心的役割を演じたのはミラージュ、ベラージオなどを建設し「ラスベガスを変えた男」と呼ばれる不動産王スティーブ・ウィンだ。2000年代後半、景気後退、経済危機の中で、ウィンは27億ドルもの巨費を投じてウィン・ラスベガスを建造するなど、超豪華ホテル・リゾートの時代を開いている。

(K)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ