2011年07月11日

跋扈する黒服軍団

タイから

 タイでこのほど、バンコク北郊パトゥムタニ県の工場跡地に200人以上の“黒服軍団”が現れ、工場跡地に住み着いた不法占拠者へ暴力をふるって小屋を焼き払うなど乱暴狼藉を働いた。不法占拠者側も反撃、拳銃を発砲したり、腕の立つ“自警団”による殴り合いなどで数人が負傷した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 倒産した工場は1平方キロと広大な土地を所有しており、林の中に不法占拠者が小屋を作って住んでいた。だが競売で同工場を入手した次のオーナーが、不法占拠者の追い出しのため雇ったとみられている。

 こうした不法占拠組と地主との軋轢は、バンコクでは日常茶飯事で、今もなおクロントイ市場ではオーナーが変わった店舗で立ち退きを迫られた店子が拒否するなど争いが絶えない。

 不法占拠といえば2年前、スワンナプーム国際空港を反タクシン元首相派の黄シャツ軍団が不法占拠したことがあり、昨年は親タクシン派の赤シャツグループが、バンコクの商業地の主要道路を占拠し、死者90人が出る惨事が起きた。日本人記者が死亡したのもこの時のことだ。

 今回の総選挙でタクシン派が勝利し、国家を2分した黄色と赤色軍団の一応の決着を見たと思ったら、今度は“黒服軍団”の跋扈ということだが、政治的闘争が一段落すると次は経済権益をめぐって力によるせめぎ合いが始まったとも読める。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:08│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ