2011年10月17日

見直される高床式

タイから

 山田長政がいたことでも知られ日本人観光客も多く訪れるタイのアユタヤでは今月上旬、チャオプラヤ川沿いの世界遺産チャイワタラナム寺に防水堤を越えて水が流れ込んで敷地全体が冠水した。水かさは約2メートルに達するなど観光地アユタヤは打撃を受けた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 一方、プミポ国王の離宮があるホアヒンに近い、南約90キロのペチャブリ県チャアムの海岸では大量の魚が打ち上げられ、地元住民が網などで魚をかき集め、思わぬ収穫にほくそ笑んだ。先月から続く洪水のため、大量の淡水が海に流れ込んだことから、沿岸部の海水魚が死んだり弱ったりしたのが原因とされる。

 タイでは7月末以来洪水被害が続いており、北部、北東部、中央部が最も被害を受けている。バンコクはチャオプラヤ川の河口に位置し、大半が海抜2メートルで、北方のダム放水に伴うチャオプラヤ川の増水と大潮で河口から海への流れが妨げられることから洪水に見舞われる恐れが出ている。

 ただインラック首相は14日「バンコク市内は高い堤防に囲まれており依然、安全地帯とみなされる」と語った。ただ高い堤防といっても2メートル半にすぎず、2メートル30センチ辺りまで水かさが上がる恐れがあることから、かなりのリスクがあることは間違いない。

 タイの家は、いつの間にか洋風式の住宅が増えたが、古代から連綿と受け継がれてきた知恵の集積でもある「高床式」が見直されていい気がする。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:45│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ