2012年07月12日

いまだ残る「名誉殺人」

エジプトから

 イスラム教国には何かと時代錯誤的なことが多い。イスラム教スンニ派の大国サウジアラビアでは、女性の車の運転が許されない。アフガニスタンのタリバンは女性に教育の必要性を認めず、女学校を襲撃した。西アフリカのマリの一部を実効支配したイスラム過激派組織「アンサール・ディーン」は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界遺産に指定したばかりのトンブクトゥにあるイスラム教指導者の聖廟を破壊した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 イランでは、ネクタイを西欧文化の象徴と考え着用を禁じ、最近では販売までも禁止した。

 今月初旬、エジプトのスエズで、婚約者の女性と共に車の中にいた学生が、ひげを生やした3人組の男らに尋問され、その後殺害された。イスラム法(シャリア)の厳格な適用を主張するサラフィ主義者による犯行とみられている。エジプトではイスラム教の原点に戻り、聖典コーランに依拠したイスラム法の施行による国家創建を長年夢想してきたイスラム根本主義組織ムスリム同胞団幹部が大統領に就任したばかりだ。

 娘や妹が親や兄の知らない男性と交際したとして殺害する「名誉殺人」はエジプトでもいまだに数多く起きている。穏健なイスラム教徒らは、過激なイスラム教徒の行動を恐れ、怒っている。イスラム国家に住んでみて、もっと自然に自由に考えることはできないのかとつくづく思う。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ