2012年07月26日

反プーチン・アナの夏休み

ロシアから

 かつて「労働者の天国」といわれたソ連は、21年前に崩壊した。しかし、その「労働習慣」はいまだに残っている。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 例えば、アナウンサー。

 毎週土曜日午後7時から放送されるRENテレビの「ニデーリャ」(意味は「一週間」)は、ロシアで唯一「プーチン政権に批判的な報道番組」として、確固たる名声を得ている。

 ロシア人で「大本営発表でなく、本当のことが知りたい」と願う人は、「ニデーリャ」を見る。

 この番組の司会者マリアンナ・マクシモフスカヤは、「反プーチン」勢力の女神的存在である。

 6月30日、「反プーチン陣営」に衝撃が走った。

 なんと、マリアンナが「夏休み」に入るというのだ。それに伴って、「ニデーリャ」もお休みになる。

 「夏休みくらい取ってもいいんじゃない?」と、働き者の日本人でも思うだろう。「1週間休んで、2週間後にはまた会えるのでは?」と。

 ところが、である。「ニデーリャ」は6月30日(土)を最後に休みに入り、次の放送は、なんと9月8日(!)だという。

 つまり、マリアンナは7月8月全部と9月のはじめ、2カ月以上も「夏休み」を取るのである。なんという気楽さであろうか?

 とはいえ、これにはロシア特有の事情もある。ロシア人は普通、夏休みを最低1カ月取り、ダーチャで過ごすか、最後の1ルーブルまで遊んで暮らす。

 だから、マリアンナが夏に「反プーチン」を叫んでも、ほとんど効果はないのだ。

(Y)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:38│Comments(0)TrackBack(0)ロシア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ