2012年09月10日

ベジタリアンマックへ進化

インドから

 経済成長とともに人口12億人の新たなマーケットとして世界から注目されているインドで、ベジタリアン向け専用のマック店舗が来年から本格的に展開することになった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 マクドナルドがインド進出を果たしたのは16年前の1996年のことだった。牛を神聖視するヒンズー教徒が圧倒的多数を占めるインドでマクドナルドの進出は、当初奇異な目で見られたものだ。それでもマクドナルドは、インド人向けメニューの試行錯誤を繰り返し“市民権”獲得に成功した。主力素材となる牛肉を一切使わないままの商品開発力があったからこそ、成し遂げられた快挙だった。

 マクドナルドの代名詞でもあるビッグマックは、当初マトンを使い、名前を「マハラジャ・バーガー」と変えて売り出した。マハラジャとは王族の意味だ。現在、この「マハラジャ・バーガー」は鶏肉を使用し、チキンティッカ(マサラソースでマリネした釜焼き鶏肉)とチーズ、キャベツを挟んでいる。ソースはオレンジ色のスパイシーソースで、カレー天国インドならではの多様なスパイスが混合されている。

 そして、ついにインドのマックは肉を一切使わないべジマックへと進化した。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:47│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ