2012年10月04日

靴が溶ける猛暑

エジプトから

 今年の夏は世界的に猛暑だったが、エジプトでも酷暑が長期間続いた。友人が、自分の冬物の服を見つめ、こんな服を着るなんて想像もできない、と慨嘆したのを思い出す。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 南部アスワン市やアブシンベルを案内している観光ガイドの1人が、自分の靴が溶けてしまったと嘆いていた。靴の表面だけでなく、靴底も地面の熱で溶けて、はだし同然になったというからすさまじい。そのガイドが思わず温度計を出してみるとなんと74度だったというから驚きだ。

 東北出身の記者は本来、太陽の光がさんさんと降り注ぐ夏が大好きで、毎年、夏の到来を待ち望み、エジプトに赴任してからも常に夏が大好きだと公言してきた。でも、今年ばかりはそう言うことができなくなっている自分を発見した。あまりの暑さに、連日エアコンを付けっぱなしだ。

 やっとその猛暑が過ぎ去り、ホッとして秋の気配を楽しんでいる。エジプト人は、夏は嫌いだと口をそろえるが、やっとその気持ちが理解できるようになった。彼らは総じて秋が好きで、春、冬と続く。彼らは太陽が沈んだ後に外出するのが好きなことから、夜行性となる。路上は昼よりも夜が込み合い、夜中まで交通渋滞が続く。

 日本から観光に来た友人が、「昼働いている人を見かけない、怠け者なのだろうか」とつぶやいたが、夜中や朝方に電気を付けながら工事現場で働く姿をよく見かける。エジプト人は、激しい光を放つ太陽よりもやさしく微笑む月を慕う気持ちが強いのだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ