2012年10月08日

型破り歌手に熱狂

韓国から

 休日に家族とカラオケに行ったら、歌謡曲好きの高1の娘が「この曲は中毒になるの」と言いながら、今話題の韓国人男性歌手PSY(サイ)の「江南スタイル」を歌いだした。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 「しとやかに見えるけど遊ぶ時は遊ぶ女 ここぞという時には結んでいた髪をほどく女 隠していてもさらけ出すよりセクシーな女 そんな感じの女 オレは男だ…」
 これがうわさの歌かと思って聴いていると、拳を体の前でクロスさせリズミカルに踊るあの独特のダンスまで披露。こちらのカラオケに来ると、韓国の歌なら一昔前の演歌、あとは日本の歌を選曲する口で、娘の番になると物珍しそうに聴いているだけだったのが、この曲だけはとばかりに娘に手を引っ張られ、一緒に踊らされる羽目となった。

 米ビルボードチャートで1位に肉薄し、動画サイト「ユーチューブ」に公開されたミュージックビデオの再生数は3億回以上、まさに世界中で大ブレイク中だ。反復されるメロディーに挑発的で直截的な歌詞、太めで決してハンサムとは言えない容姿を逆手に取るようにした型破りで軽快な歌とダンスが不思議な魅力を生み出している。世界で最も有名になった韓国人ミュージシャンだが、日本人としては容姿端麗で高学歴のおまけ付きだった従来型とは違う「韓流スター」の登場としても興味深い。

 先日は集会のメッカとして知られるソウル市庁前広場で無料コンサートを開き、8万人(警察推定)が埋め尽くし、地元メディアにその熱狂ぶりが報じられた。興奮のあまり舞台で焼酎を一気飲みするパフォーマンスには手厳しい批判の声も上がったようだが、総じて皆ご満悦の様子。PSYにちなんだグッズも飛ぶように売れたそうだ。もうこうなると、ちょっとした社会現象と言えるかも。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:52│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ