2012年11月22日

パンタナールへの旅

ブラジルから

 先日、取材でブラジル中西部にある世界自然遺産「パンタナール(自然保護区)」を旅行した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 パンタナールの奥地に入り込むため、ブラジルとボリビアの国境近くにある街まで飛行機とクルマを乗り継ぎ、途中「パンタナール街道」とその脇道では、舗装されていない道を何時間も走り続けた。交通量も少なく、「パンタナール街道」途中の大きな川は、クルマごと渡し舟で通行するしか方法がない。

 一方、南パンタナール観光での宿泊は、基本的に農場ホテルと呼ばれる施設が中心となる。南パンタナール奥地のいくつかの農場に宿泊施設があり、その周辺の川や農場、未開地でサファリツアーやピラニア釣り、乗馬などの「自然参加型ツアー」を楽しめる。

 また、農場ホテルの中には、絶滅危惧種とされている「青コンゴウインコ(アララアズル)」の保護に寄与している所がある。朝早く目覚めると、宿泊先のまさに目の前で、朝日を浴びた「青い宝石」のようなコンゴウインコの姿を拝める。

 その他にも、日本では、動物園でもお目にかかることができないさまざまな鳥や動物を、自然の中で直接目にする感動は格別だ。

 ワニが泳いでいるジャングルの中でカヌーを漕ぎ、地平線まで見渡せるようなパンタナールの大地で何時間もの乗馬を楽しむ。まだ、水が残る湿地帯で馬を操りながら、地平線に沈む夕日の中に身を沈める時、「これが地球なのか」と自然に対する畏怖の心が芽生える。

 日本からは、あまりにも遠いブラジルの秘境だが、欧米の旅慣れた旅行者たちには根強い人気がある理由がよく分かった気がした。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ