2013年03月11日

1杯30円の悦楽

ミャンマーから

 ミャンマーの古都マンダレーからヤンゴンまで高速道路ができているというので、ハイウエーバスで移動した。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 片道2車線の高速は、それまで辺境の地を時速20キロ以下で移動してきた身には天国だ。

 砂埃で頭髪が真っ白になることも、カメラの内部に微細な砂が入ることを危惧する必要もない。

 午前8時半の出発から1時間半で早速、休憩が入った。ミャンマー版ドライブインだ。日本と同様、駐車場は広くとってあるが、駐車中の車両は数台の中国製バスだけだった。

 レストランのウエートレスが日傘を片手にバスまで迎えに来てくれる。日中の温度はこの時期、40度近くまで上がるので、太陽の光で射抜かれるような中で、ありがたいお迎えだ。

 さらにレストランに入り、席に座ると、妙齢のウエートレスが団扇で扇いでくれる。注文したのはコーヒー1杯だけ。市中の1杯200チャット(約23円)のコーヒーに比べると10円程度高いが、この10円の付加価値はすこぶる高い。ただし、ミャンマーでコーヒーというと、お湯が入ったカップに粉コーヒーパックが添えられているだけ。

 なお、ハイウエーバスとは名ばかりで、自分が止まりたいところでの途中下車があったり、高速の脇で待っていた乗客が乗り込んできたりと、実際は高速道路を走るローカルバスでしかないところが、いかにもミャンマー的だ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:30│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ