2013年03月18日

庭園都市ヤンゴン

ミャンマーから

 10年ぶりにミャンマーの旧首都ヤンゴンを訪問した。
 かつて庭園都市といわれたヤンゴンは、高層ビルが建ち、若者のジーパン姿が目立った。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 10年前には、巻きスカート状のロンジーをはいた男女が街を歩いていた。これが結構、美的センスに溢れていて、日本でいえば袴姿を彷彿させたものだが、これも「今は昔」の世界になろうとしている。

 驚かされたのは、静謐だったあのヤンゴンで車のラッシュが起きていたことだ。渋滞で身動きが取れなくなるバンコク程ではないが、それに近づいていることは確かだ。

 これは昨年、車の輸入税を大幅に引き下げたことが大きく影響し、ここ1年で一気に車両数が急増した経緯がある。

 市の中心街にあるボージョーアウンサン・マーケットも一変して、ローカルの市場から洒落たブティック街に豹変していた。とりわけ宝石売り場は、バンコクのデパートのそれと変わらないほどだ。

 かつてささやかれた庭園都市ヤンゴンというのは、あるものは自然の緑だけという皮肉が込められていたものだ。戦後しばらく、東南アジア最大の都市だったヤンゴンの復活がなるかどうか、ひとえに2年後に迫っている総選挙で決まる。次期政権政党の舵取りいかんでは、東南アジアでもう一つの庭園都市シンガポールにヤンゴンがなる日は近くなる。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:12│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ