2013年04月18日

警官ストで交通事情悪化

エジプトから

 最近、エジプトの交通事情が極度に悪化した。それは交通警察がストライキを起こし交差点に出てこなくなったためだ。ドライバーはお互い先を争い、譲らない。
 ピラミッド通りなどでは、わずかの距離を動くのに2時間もかかったと憤慨する人もいた。警官がスト行動に出ている理由は、(1)国家のイスラム化を狙うムスリム同胞団の会員がトップに立つ内務省の幹部の命令には従えない(2)危険が伴う所には行きたくない(3)革命以降、警官の評判が極端に落ち、身の危険を感じる(4)危険な割に給料が安過ぎる−などとされる。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 タクシー代わりに便利な中国製3輪車「トクトク」が急増して、混乱に拍車を掛けている。運転手の年齢制限がないためか、小学生も運転、交通規則を守らず、車間に割り込み、反対車線に出たり、一方通行道路を逆走したりと、無法地帯と化している。

 トクトクは、ムスリム同胞団が貧困層支援のために導入・拡大を奨励したとされる。交通悪化の元凶の一つを創出したとして同胞団に対する批判も増大している。取り締まる警官が不在のため、商店主は道路上にまで製品を広げ、交通停滞を助長している。スピード違反を放置し、交通事故増加の原因を作ってもいる。

 4月8日に、邦人女性が他の乗客五十数人と乗車していた大型バスが、対向車の乗用車と衝突、横転し、3人が死亡した。邦人女性は骨盤を骨折するなど重傷を負った。

 互いに譲り合えば交通もスムーズになるのだろうが、エジプトの交通事情は間違いなく地獄と化している。ムスリム同胞団の政権掌握が元凶との叫びも全土で聞かれるきょうこのごろだ。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ