2013年04月29日

韓半島への「聖母マリアの警告」

オーストリアから

 1人の男に聖母マリアが現れた。マリアは「韓半島が危ない。戦争勃発の危機が高まっている」と警告、「米韓は軍事活動を自制するように」と嘆願したという。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 聖母マリアは「北の若い指導者(金正恩第1書記)は米軍のプレゼンスに強い恐怖感を抱き、落ち着きを失う一方、自国を制裁する国際社会に対して強い怒りと憎しみを抱いている。心理的に危険な状況だ。米韓の軍事圧力が高まれば、戦争に走ってしまう危険性がある。韓半島で戦争が生じれば100万人以上の犠牲者が出る」と語った。

 聖母マリアの警告を受けた男は直ちに韓国の朴槿恵大統領やバチカン(ローマ法王庁)にメールを送信して、「聖母マリアが米韓軍の自制を願っている。北への軍事的行動は一切謹んでほしい。戦争が起きる危険性があるからだ」と報告した。男はまた、涙を流しながら、周辺の関係者に話したという。

 日米韓では、「金正恩の恫喝は米韓から譲歩を得るための戦略にすぎない。敗北が確実な戦争を仕掛けるはずがない」と楽観的に受け取る声が強いが、聖母マリアは「ちょっとした軍事衝突だけで戦争へと発展する危険性がある。凍りついた心を解かすために北に十分な食糧を提供してあげなさい」と助言したという。

 作り話と思うかもしれないが、男は会社員として働いている普通の人間だ。男は「聖母マリアが自分の手を握って嘆願した。その感覚は非常にリアルだった」と話している。

(O)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 11:37│Comments(0)TrackBack(0)ヨーロッパ 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ