2013年05月20日

「チャイナスクール」全盛

韓国から

 こちらの政府系シンクタンクに在籍する日本研究者に会う機会があり、最近、特に韓国政府側の反日感情で冷え込んでいる日韓関係について尋ねると「韓国はチャイナスクールばかりで。ジャパンスクールは本当に少ないですよ」と言っていた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 チャイナスクールとは日本のそれと同じで、外交省の役人が研修語に中国語を選択し、中国専門家になっていく中国語学閥だ。時代は中国が米国と並ぶG2として世界で影響力を拡大し続けている。歴史問題で「気に食わない日本」よりも「台頭する中国」との外交の方が重要になっていくという認識があるため、ジャパンスクールは人気がないのだ。

 どれくらい人気がないのかという実例として、駐日韓国公使のうち経済担当がいまだに決まっていないのも、人気のなさゆえ名乗り出る人がいないという話も聞いた。報道機関の東京特派員たちの中には何年経っても日本語を覚えようとしない人が少なくないが、これも「日本軽視」の表れなのだそうだ。

 こんな調子だから朴槿恵大統領の主要国への初訪問も、とうとう日本より中国が先になりそうだ。中国に行ったら先の訪米時のようにまた日本批判を繰り返すのだろうか。歴史問題を議題にすれば日本は“共通の敵”だから黙っていても中国との間がますます近づこうというものだ。

 日本軽視中国重視の傾向は実は学校の教育現場でも見られる。中学では第2外国語を一つ指定するが、近年、中国語を選ぶ学校が増え、日本語指定校は減り続けている。幼稚園では保護者たちが英語のほかに第2外国語として中国語を教えてほしいと要望することが多い。これぞ本当のチャイナスクールである。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 14:23│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ