2013年05月27日

銃規制でも続く銃犯罪

フィリピンから

 フィリピンでは中間選挙の銃規制が続いているにもかかわらず、銃犯罪が後を絶たない。既に選挙は終了したが、国家警察は来月まで銃規制を継続する方針だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 マニラ首都圏では、車で通勤中の女性銀行幹部が、バイクに乗った男に撃たれて死亡したほか、不動産販売を営む女性がレストランで食事中に、隣にいた男に頭を撃たれて死亡する事件が起きている。いずれも被害者の持ち物は盗まれておらず、殺害が目的とみられている。フィリピンではこういった殺し屋によるとみられる殺害事件が、選挙期間であるなしにかかわらず実に多い。

 そもそも、こういった犯罪に使われる銃の多くは、正式に登録されていない違法銃なので、規制があろうがなかろうが、犯罪者にとっては大きな問題ではないようだ。

 警察が銃規制で行っている検問にしても、最近は市民のプライバシーが尊重されており、車の窓を開けることもできず、トランクはおろかグローブボックスの中でさえ調べられない。犯罪者が銃を隠そうと思えば、いくらでも隠せるのだ。

 いくら銃規制を行っても、根本的に違法銃を撲滅しない限り、銃犯罪はそう簡単に減少しそうにない。しかしブラックマケーットが横行するこの国で、それは極めて難しい。このような銃犯罪が横行することで、市民が積極的に自衛のために銃を所持するという悪循環も続く。

(F)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:22│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ