2013年06月10日

屋台料理を売りに

タイから

 タイ国政府観光庁(TAT)は今月中旬、バンコク都心の商業施設セントラルワールドで観光促進イベント「タイフードフェスティバル」を開催する。同フェスティバルには50店以上の有名レストランや屋台などが出店するが、TATが力を入れようとしているのは「手軽でおいしい」をコンセプトにした屋台料理だ。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 タイのワンルームマンションやアパートには台所がないものも少なくない。ニーズそのものが少ないためだ。

 というのも近場の屋台で30バーツ(約100円)程度の料理をビニール袋に入れてもらって家で食べる方が手間も金もかからないからだ。

 味も結構いける。なにせ、駅前のラーメン屋みたいに放っておいても人が入るわけではなく、味一つで客が激減もすれば固定客を付けることも可能なのが屋台の世界だ。

 このため手抜きは許されない。

 だからこそ、本物のタイ料理を食べたい通の旅行者は屋台の料理に舌鼓を打つ。ホテルで出されるトムヤンクンと屋台のそれでは明らかに違う。ホテルの料理は本物志向のタイ料理というより一般的外国人を対象とした料理にならざるを得ない。だからまずくはないのだが、きりりと締まった本物のタイ料理とは違った優等生の料理が並ぶことになるのだ。

 バケツの水で皿洗い、といった少々、衛生上の問題がないわけではない。だが、タイの屋台には、それを超えた料理人の魂が息づいている。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 08:56│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ