2013年06月20日

サッカーの祭典と大規模デモ

ブラジルから

 W杯の前哨戦とも言われるコンフェデ杯が始まった。ここ数年のブラジル代表は、国際大会や欧州の強豪相手の親善試合で、ブラジルのサッカーファンが納得できる結果を残すことができなかった。その結果、昨年の暮れには、W杯まで2年を切った時期に代表監督を交代させた。最近の試合は、現ブラジル代表の可能性を世界のサッカーファンに印象付けた。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 特に、バルセロナへの移籍が決まったネイマールが、日本代表戦の前半3分で放ったワールドクラスのゴールは、「ペレの再来」への期待を強く抱かせるものだった。

 そうしたW杯への期待が盛り上がる中、気になっているのが、コンフェデ杯や来年のW杯開催に反対する大規模デモの行方だ。ブラジルでは、W杯やオリンピックに向けた景気過熱の中で、公共交通機関料金や食料品値上げなどのインフレが続き、国民の不満が溜まっていたのは事実。

 特に、日本の公共サービスの質や税金事情を知っている記者にしてみれば、ブラジルの物品税を含む税金の高さに驚くだけでなく、税率の高さ(所得比)に見合った公共サービスが提供されているとは言い難い。

 サッカーの祭典を来年に控えながら、お祭り騒ぎとはいかないブラジルの国内事情が明らかになったわけだが、躍動的かつ芸術的と言われるブラジルサッカーのように、ブラジルには、自然や温かい人々など、多くの美しいものがある。W杯を機会に、ぜひともブラジルの美しさにも触れてほしい。

(S)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ