2013年06月23日

コメ輸出世界一から転落

タイから

 2012年のコメ輸出量で、タイは約700万トンと前年比35%減少して、首位から陥落。30年近く続いたコメ輸出世界一の座を滑り落ちてしまった。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ

 コメ輸出が激減した最大の理由は、政府が大量のコメを市価の4割増しで購入していることが大きい。これが国内米価を引き上げ、タイ米の国際競争力を低下させているからだ。

 インラック首相は6月4日の閣議でブンソン商業相に対し、コメ買い上げ計画に関する詳しい収支を報告するよう指示した。

 これは、インラック政権の目玉政策の一つである同計画で巨額の損失が出ているとされることから、国債格付け機関のムーディーズがタイの格付けを下げる可能性が出てきたためだった。

 方向が決まるとタイの政治的決断は結構、早い。

 国家コメ政策委員会(NRPC)は18日、緊急会議を招集。今期収穫シーズンにおけるコメ買い上げ価格(1トン当たり)の上限を、現在の1万5000バーツから1万2000バーツに引き下げることを決めた。

 NRPCは、コメ買い上げ価格引き下げを今月30日から適用するほか、農家からの買い上げが20日から1所帯当たり5万バーツに制限される。

 なおタイのコメ輸出量が激減したことで、浮上してきたのがインドとベトナムだ。わけても、かつてコメの恒常的な輸入国だったベトナムが、1989年以降コメ輸出国に転じ、今や米国を抜きインドと並ぶコメ輸出大国となったことに感慨ひとしおだ。

(T)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ

sekai_no_1 at 17:59│Comments(0)TrackBack(0)アジア 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ