2013年07月17日

「言論」で思想武装?

韓国から

 こちらでは新聞やテレビなどのマスコミを「言論」と呼ぶ。日本のように「報道機関」と言わない確かな理由は分からないが、個人的には「主張」の要素が多いため、自然にそうなったのではないかと思っている。客観性や公正さが求められるニュース番組でもアナウンサーが自分の考えを結構自由に言うので見ていて面白い。

★ 続きを読む前に、ご協力お願いします! ⇒ 人気blogランキングへ


 韓国のマスコミは保守と革新の二つに色分けしやすく、これが「言論」らしさに拍車を掛けている。歴史認識をめぐる反日報道(いや言論)では見事(?)なほど足並みがそろっているが、こと北朝鮮が絡んでくるとバッシングに走る保守系と融和論を展開する革新系とに分かれ、社説では正反対のことを言っていることも珍しくない。

 近年はもっぱらスマホやポータルサイトが主流だが、そんな中にあって「言論」と呼べる存在感を示しつつあるのが、一昨年末スタートした「総合編成チャンネル」だ。新聞参入の放送局が解禁となり、保守系大手3紙などがケーブルテレビなど地上波とは別の手段を使う放送局を開局し、ニュース番組を中心に視聴者を増やしている。

 これまで地上波ではお呼びが掛からなかった専門家やゲストを招き、たっぶりと意見を言わせる。北朝鮮問題では時々、正体不明の脱北者がコメンテーターで登場し、記者が見ても知ったかぶりと分かる話をして噴き出しそうになることもあるが、保守の論陣を張っているのだから朴槿恵政権にとってはありがたい“援護射撃”だろう。
 近所に住むご隠居さんも新聞だけでは物足りず、こういう番組を見て思想武装しているそうな。保守派の筋金入りに高齢者が多いのもうなずける。

(U)

★ これは面白い、と思った方はクリックを!! ⇒ 人気blogランキングへ


sekai_no_1 at 10:58│Comments(0)TrackBack(0)韓国・北朝鮮 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

電子ブック
シベリア鉄道見聞録 ウラジオストクからモスクワまで、「ロシア号」6泊7日同乗ルポ! ほか電子ブック多数!
メルマガ

このブログは、メルマガ「ワールド・ニューズ・メール」と連携しています!


Profile
世界日報社
日刊紙を発行する新聞社。世界各地に特派員を配置し、海外情勢とオピニオンにめっぽう強い。日本初の電子新聞も運営中。
QRコード
QRコード
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ